障がい者の相談支援|一般社団法人なつめ

お問い合わせはこちら

一般社団法人なつめ

お掃除会社の老舗である有限会社クリーンハウスから、平成26年6月に介護部門を独立し「一般社団法人なつめ」を設立致しました。

その中のサービスのの一環として、障がい者の相談支援を行う『相談支援事業所コア』をスタートしました。
 

相談支援事業

こんなお悩みありませんか?

障害福祉サービスを利用するのに、どこで何をすれば良いか分からない。

どのようなサービスが使えるのかがわからない。

自分に合った福祉サービスを探したり、利用計画を立てるのが難しい。

 

障害福祉サービスはそれぞれのサービスの内容や種類も多岐にわたり、自分一人で適切な利用を検討することがとても難しいと思います。

そんな時はぜひ私たちにお任せください。

あなたにあった効果的なサービスや利用計画を親身になって検討いたします。

特定支援事業所とは

障害福祉に関する様々な情報提供やサービスを利用するための計画作成などを行っているサービスです。

基本相談支援・計画相談支援の2つから成り立っています。

特定支援事業所を利用できる対象者は、支援が必要な障害のある方やそのご家族となっています。

面談やアセスメントを通して個々のニーズや状況に合わせた「サービス等利用計画」を作成します。

その後は定期的にサービスの利用状況を確認し、見直しが必要な場合には「サービス等利用計画」を作成します。

相談支援サービスの流れ

面談/アセスメント

1

障害のあるご本人の意向、お悩みや課題などをお聞きしながら

必要なサービスや状況を整理します。


プランニング

2

アセスメントをもとに相談支援事業所コアのスタッフが

サービス等利用計画案を作成します。


支給決定

3

福祉サービス受給者証をお持ちでない場合、管轄の自治体の部署に申請をする必要がございます。

手続きについてはスタッフがサポート致します。

当事務所が作成したサービス利用計画案などをもとに、自治体がサービス内容の支給決定を行います。


ケース会議

4

サービスを受けるご本人様、当事務所のサービス担当者、自治体スタッフなど関係者で話し合い、計画について決めていきます。


サービス利用開始

5

ケース会議で確定したサービス等利用計画を市区町村に提出し

サービスの利用を開始します。


モニタリング

6

定期的にご本人様・ご家族の意向や事業所から利用状況の聞き取りを行い、

必要に応じて計画の改善をします。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。