お掃除と介護相談はクリーンハウス

up

最新の暮らしの知恵

潮干狩り


暖かくなり、お出かけシーズンですね。
みなさんお出かけ先、お決まりですか?
潮干狩りにお出かけの方も多いのではないでしょうか?
せっかく潮干狩りに行ったのに、あまり取れなくて ガッカリした、な~んて経験ありませんか?
せっかく行くので沢山取って帰れるようちょっとしたコツと裏ワザをお伝えします 少しでもお役に立てれば嬉しいです。

★持ち物 
・手足を拭くタオル ・熊手(くまで) ・あさりを入れる網   ・クーラーボックス  
・保冷剤  ・新聞紙  ・2リットルのペットボトル   ・ゴム手袋  ・簡易チェア  
・防寒着 
★開始時間・タイミング
干潮時刻の前後2時間です。

★アサリの見つけ方
・砂が盛り上がっている部分
・砂に小さな穴が開いている部分
・海藻が溜まっているような場所
アサリはたいてい同じサイズで群れになっているので、1つ見つけたらその付近には20~30個ほど見つかることが多いです。
掘る深さの目安は3~10センチを目安に掘りましょう。

 ★掘り進め方
潮が引き始めたら、水際を追いかけるようにだんだん沖に向かって掘っていきます。
水際=砂が斜面になっているところが段々見えていく、アサリの生息ポイントを発見しやすい。
★貝の持ち帰り方法
・海水なしで持ち帰る方法
真水か水道水で洗って、雑菌(腸炎ビブリオ菌など)を落とします。
真水で洗うことで、運搬の際に貝の口を開けにくくする効果もあります。
あさりを痛めないためには「あさりに貝を閉じさせる」というのが得策です。
クーラーボックスに保冷剤を入れ、貝を直接保冷材に触れさせない様に保冷剤を新聞紙で包み貝を入れます。 ペットボトルに砂抜き用の海水を多めに持って帰ることを忘れずに!

・海水に浸けて持ち帰る方法
真水で綺麗に洗いクーラーボックスの底上げをして、あさりと海水を入れ、あさりが吐いた砂を底に落として、あさりが再度砂を吸わないようにしてあげる。
アサリは海の恵みです、取れたアサリは美味しく食べて下さいね。

お掃除のお見積りは全て無料!
up