お掃除と介護相談はクリーンハウス

コラム

母の日

5月が近づくにつれ 世間では 母の日特集をあちらこちらで見かけるようになります。
母の日にはカーネーションを贈る習慣が定着していますが、この習慣はいつどのように始まったのかは諸説あります。
また色んな色が存在するカーネーション どの色を送るのが一番ふさわしいか調べました。

【母の日にカーネーションを贈る由来】

母の愛情に感謝し,その労苦を慰める趣旨の日。5月第2日曜日。1907年5月 12日アメリカのフィラデルフィアに住むアンナ・ジャービスという女性がウェストバージニアで行なわれた母の追悼式に一箱のカーネーションを捧げたことから始まったといわれており,1914年 W.ウィルソン大統領が祝日に定めました。

この日,母が健在の者は赤いカーネーションを,母を失った者は白いカーネーションを胸に飾って母を称える、家庭でも子女が母親に贈り物などをするようになりました。

日本で母の日が国民的行事となったのは、1937年、森永製菓が母の日を提唱してからのことですが、同社はこの年、「森永母を讃(たた)える会」を設立し、母の日の普及活動を全国規模で展開しました。

【カーネーションの色 花言葉】

花色:赤、ピンク、オレンジ、黄、白、紫、緑、青、茶、複色
花言葉:純粋な愛、感動 【無垢で深い愛】【女性の愛】

(赤いカーネーション)   『母への愛』『母の愛』『感動』
(ピンクのカーネーション) 『女性の愛』『熱愛』『美しい仕草』『感謝』『上品・気品』『暖かい心』
(オレンジのカーネーション)『純粋な愛』『あなたを熱愛します』『清らかな慕情』
(黄色いカーネーション)  『嫉妬』『侮蔑』『軽視』『軽蔑』『美』『愛情の揺らぎ』『友情』
(白いカーネーション)   『純粋な愛』『私の愛は生きています』『愛の拒絶』『尊敬』
(紫のカーネーション)   『気まぐれ』『移り気』『誇り』『気品』
(緑のカーネーション)   『癒し』 
(青のカーネーション)   『永遠の幸福』
(茶、濃い赤色カーネーション)  『私の心に哀しみを』『欲望』
(複色・レインボーカーネーション)『感謝』  

同じカーネーションでも色によって花言葉が違うので、プレゼントする時は花の色で決めないで
花言葉を参考に、大切なお母様にピッタリなオリジナル花束を贈ってみてはいかがでしょうか?
花言葉の意味も一緒に添えてあげるときっといつもと一味違う母の日を楽しめると思いますよ。

お掃除のお見積りは全て無料!
up